Blog

タオの世界 東洋史観 東洋思想
ビジネスリーダー達の東洋思想《老子と学ぶ人間学》老子と孫子の「戦わずして勝つ」方法

ビジネスリーダー達の東洋思想《老子と学ぶ人間学》老子と孫子の「戦わずして勝つ」方法

今回は孫子と老子の比較論。 日本で出版されている書籍は、 すべてマイルド孫子で、 本家本元の孫子の兵法とはかけ離れており、 そんな「可愛い系」孫子を、 本当の孫子と思われても困るし、 かといって、本当の中国版 「孫子」はドン引きされてしまう。そのため、孫子は様々な所に登場して貰いブログを続けていきたい。

未分類

壬寅年 2022年の暦学考察

欧米主導の時代は重視されてこなかったが、アジアが、特に中国が力を得るに従い、株式相場や政治の動きなどにおける、干支暦の影響は軽視できない。 街のあちらこちらに、虎のイラストや写真が飾られているので、人々の心に虎が入り込み、迷いを払拭し、潔く判断、勢いを持って駆け抜ける、虎のように動く、群衆心理が形成される。

東洋史観 東洋思想

ビジネスリーダー達の東洋思想《老子と学ぶ人間学❿》老子に学べ!Z世代

日本のZ世代は、世界の中でも特殊である。 成長過程において賃金が下がり続けたのは日本だけであり、日本では、人口比わずか14%だが、世界人口では32% およそ1/3を占めている。日本のZ世代だけコロナ禍の中で、世界の潮流の中に取り残されてしまうのではないか。 Z世代と老子は非常に相性がいい。老子に学べ!Z世代!

東洋史観 東洋思想

ビジネスリーダー達の東洋思想《老子と学ぶ人間学❾》武士道と起業家エコシステム

GAFAMを生み出したアメリカの起業家育成システムだ。その成功率は1割以下とされ、その成功が巨万の富を生み出すため、その可能性に賭けるという金脈を探し当てて一攫千金を狙う採掘者のような考え方だ。武士道の国、日本にはイノベーションは生まれるのか。その視点から、武士道と起業家エコシステムをテーマに考察してみた。

タオの世界 東洋史観 東洋思想

ビジネスリーダー達の東洋思想《老子と学ぶ人間学❽》ビジネス三元思考論

今回から、老子が今の時代にいたら、今のあなたにどのようなアドバイスをしてくれるかという視点で考えてみる。東洋哲理の基礎理論は、三元思考論だ。私たちの住む空間は、縦、横、高さの3方向に広がりを持つ三次元空間だ。未来は四次元へ、五次元へと世界を拡げようとしているが、全ての思想の根底にあるのが、三元思考論だ。

タオの世界 東洋思想

ビジネスリーダー達の東洋思想《老子と学ぶ人間学❼》老子とSDGs

社会・経済活動によりエネルギーが消費され、この100年の間温暖化が急激に進み、今までに経験したことのない異常気象が発生しており、その影響は温暖化に責任のない、途上国にすむ人たちに多大な影響を与えており、環境問題は同時に貧困や格差の問題にもなっている。 老子は今のこの状態をみたら何というだろうか。

タオの世界 東洋思想

ビジネスリーダー達の東洋思想《老子と学ぶ人間学➏》老子と天中殺理論

老子のように無為自然に自然と共調して生きるには効率性が大切だ。天中殺、易学というと 古典教養のある人は、「東洋哲理の真髄」というが、 何も知らない人は、「占い」だといい、 非科学的で前時代的なものだと誤解するが、古来より用いられたこの技術を活用することで、無駄なく効率的に自然と共生して生きることが出来るのだ。

タオの世界 東洋史観 東洋思想

ビジネスリーダー達の東洋思想《老子と学ぶ人間学❺》老子的インキュベーター

インキュベーターとは、創業間もない企業を支援し、 事業化を促進する概念として紹介されたのが、 今から20年余り前のこと。 アメリカでは約60年前からあるという。 その文化から、GAFAが生まれ、数多くのイノベーションを産みだしている。 孔子的世渡り術と老子マインドの事業展開こそ日本的イノベーション原理かもしれない。

東洋思想 運命論

ビジネスリーダー達の東洋思想《老子と学ぶ人間学❹》ニッポンを元気にする方法

ニッポンに元気がないと言われているが、そもそも元気とは何か?ハリウッド映画のロボットは人間に脅威を与える存在で描かれることが多いが、ニッポン人の描くロボットは、人に幸せを与える友人的な存在だという。元気ではなく優しさの時代。テクノロジーを脅威ではなくそこから幸せを感じるものにすることで、新たな可能性が生まれればと願う。

暦の歴史 東洋史観 東洋思想

ビジネスリーダー達の東洋思想 《老子と学ぶ人間学❸》ポストモダニズム老子時代

ポストモダニズムに、老子の言葉でリライトすると、面白い程符号する。孔子の時代から老子の時代へ。ポストモダニズムという観点から考察してみた。共感を呼び起こすには、消費者の民族としての経験、考え方の深層を捉える必要がある。文化や哲学、歴史、地理、美術など、従来のマーケティング分野では軽視されていた分野の知識こそ大切だ。

タオの世界 運命論

ビジネスリーダーのための東洋思想《老子と学ぶ人間学❷》なぜ日本は意思決定が遅いのか。

老子は、人間の心の底にある深淵なる深淵をのぞこうとすると、判断力に時間がかかるという。うわべであれば早いのだ。幸福感も同じこと。うわべであれば判断のスピードは速くなるが、日本人はどうしても、上司や社内派閥、OBなどの想いまで、深淵なる深淵まで考えてしまう。その根底に「不変のもの」があるにより、変化の速度は促される。

タオの世界 東洋思想 運命論

ビジネスリーダーのための東洋思想《老子と学ぶ人間学❶》現代若者考

今の若者は目標達成時の金銭的インセンティブ」に関心が薄く、バブル時代を経験した中高年上司には、自分の部下は勿論のこと、子供達の事も理解できないというが、東洋思想的に見ると、単に時代が孔子から、老子に変化しているだけであり、新人類でも何でもない。
その流れを敏感に感じとるかどうかでマーケティング全体が変わるだろう。