子丑天中殺考(上)

2020年2月4日から2年間は、子丑天中殺になります。

子丑天中殺の人は、この時期は怖いことが起きるのではないかと
怖れているかもしれませんが、
天中殺とは怖い時期では決してありません。

こころ静かに落ち着かせ、新たな扉を開くべく年だとおもって下さい。

今回は、天中殺理論の基礎的なものをお伝えしていけたらと思います。

暦学の知識がある方は、既にご存知の通り、
子丑天中殺とは、天中殺の立体配置では「北方」を意味する子丑が虚であり、
実世界においては不自然融合世界が実現するという意味になります。

実世界における北方とは何を意味するかというと、目上、上位という意味があり、
北方欠けとは「親や上司に恵まれない人」という意味になりますが、
私の視点から捉えますと、子丑天中殺所有者の実世界の北方には、黒い雲がかかっているため、
「親や上司に恵まれない人」というよりは、
「親や上司が幾ら良くやってあげても、その黒い雲のせいでその良さが見えない人」というイメージになるのです。

天中殺を理由とし、
「私は子丑天中殺だから、先祖の恩恵が受けられない」という方もいらっしゃいますが、
この世に生を受けて生きている以上、
「先祖の恩恵を受けられない」人物など皆無であり、
私からみると、「子丑天中殺」所有者は、
「先祖の恩恵に気づかない人」人達という解釈になるのです。

例えば視力が1.5の人物で、遠くのものも近くのものも良く見える
視力のよい人物の場合、子丑天中殺所有者は、他の方位はよく見えるのですが、
子丑(北方)の方位になると不思議な事に眼がかすみ、何も見えない状態に陥るのです。

だとしたら、

「見えない方位を頑張ってみるよりは、見えやすい方角だけを見ることで、
ストレスなく生きることが出来る」となるのですが、
諸子百家の哲人たちは、それこそ様々な角度から、様々な意見を述べ、
そのどれもが一理あるため、どうも私たちは迷い、どうすれば良いのか分からなくなるのかも知れません。

例えば、仏教的見地からみたら、

「虚の世界こそ有である。故に、例え親や上司や先輩から虐げられようが何されようか、
虚無の気持ちで向かい合うことで人間力が高まり、無限の有の極致に到達できる」という事であり、
天中殺などを理由にせずに、虚無の心で接しなさいとなるわけです。

儒教的見地からみたらどうかといいますと、
これは論語の大切な孝悌の徳目となり、「孝悌なるものは、それ仁の本なるか」
つまり、親や兄や年長者に従うのは人間として当たり前の事であり、
孟子も、「孝悌の心」を忘れないことが肝要であることを説いています。

現在の私達の倫理観は、徳川時代の儒教教育が大いに影響しているため、
個々の得手不得手は関係なく、万人が「孝悌の心」に従うべきであり、
そのこころをもって企業という縦社会を構築し、安心を得よという事になります。

そのため、天中殺など関係なく、

孝悌の心をもって上に従うことこそが、肝要であるという事になるのですが、
子丑天中殺所有者にとり、この言葉はどうしても重く、のしかかり、
その重圧がストレスになり、人間力を十分伸ばす前に自分らしさが消えてしまう。
自分らしさが消えてしまうと、自ずと自分の方向性さえ見失ってしまうのです。

暦学は、道教という実践的哲理を本としています。

道教とは不老不死をテーマとしていたため、逆に生命は有限であるという考え方が基本にあるのです。
つまり、
人生を有限と捉え、効率的に生きることこそが、生きるために大切な事だとなるのです。

道教を本とした天中殺理論でいくと、人間は全ての人と上手くいくわけではなく、
必ず、ひとつの方向が苦手である。

例えば、子丑天中殺所有者は、自分より目上の世界が苦手であるため、
目上の人達との関係にストレスを感じやすい。
だからこそ、目上の人達に対し感謝の意を表しつつも、逆の南の方位を向いて歩むことで、生き方が楽になる。
自分にストレスを感じなければ、社会や家庭の軋轢も軽減され、
万人の幸せに繋がる。

故に子丑天中殺所有者は、楽天的に南方を向いて明るく考えていきなさい。
だって、あなたは子丑天中殺なんだから…となるわけです。

継承に関しても、継承してくれた人に仁義の気持ちを抱き続けない限り、そこには矛盾が生じるのであり、
矛盾こそが、運命が滞る原因である。

そのため、運命を上手く動かしたければ、事業継承せずに自ら切り開いた方が、
人生はストレスという軋轢を感じることなく、
順調に推移していくとなるのです。

人間は有機物だからこそ、必ず終わりがあります。
つまり、有限の時間という枠で生きているのです。
そのため、効率的に人生を創りあげた方がよいと捉えるようです。

しかし、最後に、
天中殺理論とは、現実世界の方位を示すものである故、
現世の欲から解放され、未来へと、次世代へと眼が向けられるような心の余裕を得たならば、
今まで不義理をしていた目上の世界を敬慕し、
その空間に惹きつけられ、虚無のこころで、その世界へと心を馳せることで、
上手に人生を終えることが出来るのではないでしょうか。

つまり、子丑天中殺の人は北方世界に、歴史や精神世界、そして先祖の恩恵に感謝して。
無欲な心で、虚無の世界へと馳せることで、
2020年2月4日から始まる天中殺は、楽しく過ごすことが出来るのではないかと思います。

 

あなたの人生を解析した、運命のレポート
天中殺の人は必読です!

人生を切り開きたい方は是非読んで下さい。