干支暦学とは 

個人の生年月日を基軸とし、個人の資質や行動傾向・思考傾向を解析する学問です。
道教の秘儀とされたこの学問は、東アジアにおけるビジネスを牽引する華僑の秘儀とされている理論です。

3500年の歴史を持つ《干支暦推命法》は今から約3500年前の殷帝国の時代に、陰陽五行説を原理とした『命運を推察する学問』として誕生しました。人の性質と命運を干支暦で分析するため、古代中国春秋戦国時代より帝王学として一部の権力者のみが知る事が出来る学問とされてきました。

明代末期に『三命通會』を著わした萬民英、清代末の徐樂吾の著作を原典として編纂され、子平法・三命法・命学・命理として、干支暦を基に分析された統計学として伝えられています。

 算命学との違い 

算命学は昭和30年代後半に、故高尾義政氏が提唱された学問です。算命学の名称は、中国古書に見つけることは出来ず、明代末期に三命通會を著わした萬民英、清代末の徐樂吾の著作を原典とし編纂されている高尾氏の偉大なる学問ですが、我が国には「占い技法」として伝承されております。

当協会は算命学の系譜ではありますが、占いではなくビジネスメソッドとしての確立を目指します。
自己解析法、および、経営者、及び人を雇用する立場にいらっしゃる方、経営者を補佐する立場にいらっしゃる方の人材活用法、また、アジアビジネスにおける論理的思考法の把握などを目的としており、その解析結果は東洋史観という視点から発信できる、リーダー教育を行っております。

 何を目的としているのか? 

  1. 干支暦学講座では、生年月日を基軸とした人物解析の知識を習得
  2. 干支暦学を学ぶ事で、自己理解を深める
  3. 人材を育成するリーダー教育
  4. 華僑の思考法の習得

 資格取得とビジネス展開 

  • 干支暦学講座3級は、通学とオンライン講座の併用
  • オンライン講座は、Instructional Designの知識を有する専門の技術スタッフにより、構築
  • 各級修了後、修了証が発行
  • セミナー講師養成制度有
  • 他人のカウンセリング(鑑定)は、開業権のある国家の医療資格を有した伝承医術部に限定
  • 企業研修も開催

 各級の学習内容 

3級) 自分を知る為の講座

2級) 自分をより深く理解する為の講座

準1級・1級) 学問として深く学びたい方の為の講座

※ ご質問のある方は、入門講座にてご説明いたします。