3500年の歴史を持つ《干支暦推命法》は、殷帝国の時代に、陰陽五行説に原理として誕生、命運を推察する学問です。

永い間歴代の中国王朝の権力者の秘儀とされ、その真髄である原典が我が国に伝わり研究されたのは、中国の最後の王朝、清王朝崩壊後、第二次世界大戦後になってからです。

干支暦推命法は、偶然性を活用した卜占や筮竹、手相などの相占とは一線を画した学問で、個々の人間を命運を干支暦という数字に置き換える事により、解析する人文科学として扱われるべき学問です。

算命学・四柱推命・九星気学の起源

算命学・四柱推命学・九星気学は、いずれも日本独自の呼称です。

四柱推命は江戸時代中期、九星気学は大正時代後期、算命学は昭和40年代に、明代末期に三命通會を著わした萬民英、清代末の徐樂吾の著作他を原典としてそれぞれの時代で編纂された学問です。つまり、日本人が編纂した学問であり、中国古書に見つけることは出来ない学問名です。

中国古書には、子平法・三命法・命学・命理と記されています。


中国占星術の歴史

中国最後の王朝《清》の滅亡、共産党国家の樹立・文化大革命により、この知識を有する知識人が国外に逃れたことで、この学問の真髄はわが国の一般庶民の間に伝承されました。つまり、私達が知ることが出来るようになったのは、戦後においてであり、そのような意味では、非常に古くてとても新しい学問です。

前漢時代の歴史家、司馬遷の史記によると、その原典の体系は、約3500年前の中国殷帝国にて成立した陰陽学を祖とされていると記されています。

中国史で見る、一番古い記録は、伏羲の時代です。伏羲は人の頭で身体が蛇という姿で描かれている伝説の王で、「八卦」という陰陽理論を最初に考案したのが、この伏羲とされています。この伝説の時代から、王朝なるもので最初に登場したのは、「夏」王朝、そしてそれに続くのが「殷」王朝です。この2つの王朝は、以前は司馬遷の「史記」でのみ伝えられた王朝でしたが、殷王朝は1928年にその遺構が発掘されたことから、存在が証明されました。
この殷という国は卜占が中心の国でした。亀の甲羅や牛などの骨を火にかけ、ひび割れた形で判断することを「卜」といいます。これは、紀元前1600年~1000年の間に盛んに行われた方法で、物事の判断基準でした。吉凶の判断を二進法で行ったことから、陰陽の考え方は既にあり、それを易に発展させたのが、殷帝国が滅ぼした周の文王です。周易とは、周の文王が編み出したとされているため、周易と呼びますが、この周易の特徴は筮竹(細長い棒)を持ちたことです。
この周易は、周王朝が崩壊後の春秋戦国時代に、諸侯の軍略家として多くの学者(諸子百家)が登場したことで、発展されていきます。
一番有名なのは、この周易の解説書を書いた孔子の易経です。易経はその後漢の時代に四書五経が編纂された時、五経のトップバッターを務める重要な経書になりました。

そしてもう一人、揚子江流域の楚の国に鬼谷子という人物により高度な分析法に発展された理論が、前述「史記」に記されているのです。

鬼谷子

鬼谷子の本名は王翻(おうく)。

鬼谷という所に在住していた哲学者だったので、《鬼谷子》と呼ばれていたようです。

春秋戦国時代、軍略家(縦横家)として名を馳せた蘇秦、張儀の師匠であったことから、軍師達の師匠と語り継がれた人物であり、自然観察を人間分析に結びつけたとされていますが、その奥義とされていたのは、陰陽五行理論を用いながら相手を納得させるプレゼンテーション技術でもあったようです。

権力者の性格と気持を考慮しながら、陰陽五行論の自然観察を人物解析に当てはめ、論理的にアドバイスするその技法こそ、古代中国の心理学の真髄とされている技法と言われております。

つまり、経営者の人物像を干支暦の解析学で把握し、その人物が求める言葉を把握しながら、自らの目的へと誘導するその手法こそ、蘇秦・張儀が得意としたことから、それこそが鬼谷子が弟子たちに指導した奥義だったと言われています。

この鬼谷子の秘儀とされた技法は、後の王朝を支え《一子相伝》継承により、清王朝へと2000年間もの時間をかけて受け継がれていきました。

算命学から数理暦学へ Our History

戦後、清王朝の崩壊、共産党が政権樹立、その後の文化大革命を通して、中国大陸から多くの学者や哲学者が台湾・シンガポール・香港、そして日本へと亡命して来ました。永い間、国家権力を支える秘法として海外に持ち出されることがなかった、干支推命学の奥義が、始めて海外に伝わることになったのです。

我が国にも、前述した通り、四柱推命・算命学という名称で《中国占星術》という形で伝えられてきました。

我々が、学び研究したのは、《算命学》です。数理暦学のスタートはこの算命学から始まります。

 

算命学とは

算命学とは、戦後長崎在住の故高尾義政文学博士(昭和16年9月13日~平成2年6月2日)により、編纂された干支暦学です。

高尾氏は幼少の頃、長崎に亡命された僧侶、呉仁和師から、中国推命学の奥義を学ばれ、その後ご自身が学ばれた中国推命学を《算命学》と名付けられました。

恐らく、《算命》とは、三命法を語源とし、台湾では算命を干支暦推命学の事を意味しているため、その言葉を高尾氏ご自身の研究に命名されたのではないかと推測致します。又、現在台湾では、命式を算術により読み解くこの技術自体を、《算命》と呼称していることからみると、呉仁和師が高尾氏に教えた学問も、師ご自身が、算数と呼んだため、そのまま算命学という名称が誕生したのかもしれません。

いずれにしても、《算命学》という言葉自体、昭和40年以降の文献にしか現時点では把握しておりませんので、高尾氏が昭和40年代後半に命名された学問名だと推測致します。尚、これに対しては高尾氏側の記録では確認しておりませんので、ご存知の方にご教授戴けたら幸いです。

それまで日本を始め世界に伝えられる事の無かったこの理論が、高尾氏のご研究と編纂により、今に伝えられておりますので、算命学とは、故高尾義政文学博士が編纂された、中国古典史観に基づく、推命法の学問大系の研究そのものであることを、私どもの協会では尊称しております。

昭和40年代後半に入ると、算命学大系の一部の技法である、天中殺がマスコミにもとりあげられ、《天中殺》がブームになるなど、一連の中国占星術ブームが巻き起こりました。

故高尾氏は、平成2年48歳で亡くなられましたが、我々は、高尾氏と同年齢であり、現在の算命学業界に第一人者とされる清水南穂氏に、算命学の直接指導を受けて、今日に至ります。

算命学と数理暦学

清水南穂氏による個人指導を18年以上受け、奥義を習得した師範者とした研究活動を通して判明したことは、《算命学》は、27年年前に高尾義政文学博士が48歳で急逝されて以来、その研究が止まったままであることです。

理由のひとつには、正式な知識の習得者が少ないことと、師範達の高齢化です。また、当時高尾氏が指導された方々は、大臣夫人を始めとする上流階級のご婦人方が中心であったこともあり、彼女達は教養文化としての位置づけで、その伝承はされなかったこと、それによる、次世代への伝承がきちんとなされていないことです。

この学問の次世代への伝承を考え、我々は28年前に遡り、清水南穂氏と共に高尾氏が何を目指されていたのか、解明することから始めました。

27年前は、まだ個人がパソコンを持つ事は稀な、ITの黎明期でした。

高尾氏はITの発展を予測し、それにより、干支暦による人物解明が飛躍的に開発され、臨床的データをとることで、統計学として立証されることを予測されていらっしゃいました。

特に数理法・干合法・大運法・時空間理論・六律帰結法は計算法が煩雑なため、ITが発達していなかった当時は、その奥義を知るものも稀であり、(そこまで計算して命式を出すことが難儀であった)全く研究が進んでいなかった分野です。

我々はこの部分に焦点を当て、古書を徹底研究、IT技術の専門家を迎え、干支推命法のアルゴリズムを解明し、そこに古書の解釈の言語を組み込むことで、文章データ処理されたプログラムを開発しました。

それを行った理由は、この理論を情と理という2つの側面から発展させたかったからです。

IT技術で精密に計算した結果は《理》です。そこには感情もなく、冷静な判断基準しかありません。

人間とは、《情》と《理》の2つの軸で構成されています。そこに情のある人間の言葉をかぶせることで、新たなステージを見出すことが可能なのです。

ITによるデータは、善意ある方々との連携により伝えることが必要になります。ITと人のネットワークこそが、数理暦学協会の理念です。

尚、当協会は、高尾氏とその伝承者清水南穂氏に敬意を表し、算命学をそのままの形で伝承することの必要性を感じ、算命学カウンセラー協会を支援しております。

そして、ITを活用した新しい技術と理論そのものを、新しい平成時代の推命学の編纂ということで、数理暦学と干支暦学という言葉を用いることにしました。

数理暦学は、時代検証を中心とし、干支暦学は人物検証を中心にしております。

算命学カウンセラー協会は、高尾氏・清水氏の算命学の研究をそのままの形で次世代に伝えること、また、算命学を学ばれた方々へ、我々が所有している両氏の算命学の記録をお伝えし、算命学の発展へと繋げて戴くことを目的とした、非営利団体として運営されております。

 

数理暦学協会のミッション

算命学を、昭和の時代の干支推命学の研究と編纂としたら、数理暦学は21世紀の干支推命学の研究と編纂を行う団体です。

その為に、我々はまず、当協会の学問を、数理暦学と干支暦学の2つに編制しました。

数理暦学は、生年月日を用いず古典理論に基づいて考察する学問です。

干支暦学は、生年月日を用いて個人解析を行う学問です。

マクロ的ビジョンが数理暦学、ミクロ的ビジョンが干支暦学、この2つの知識を連携できる人材育成が、数理暦学協会の役割となります。

 

Our System

数理暦学

  • 歴史的背景・文化理論などを学び、人間の思想的源流を考察する。
  • 陰陽五行論の理論を、ビジネススキームとして活用する。
  • 華僑の思考体系を学ぶことで、今後の東アジア経済における判断材料の基軸とする。
  • 時代考察、社会、組織、人物分析を習得する。
  • 東洋史観の基幹となる書物を、《老子経》と《易経》とし、この書の基軸を成す陰陽五行論を用いた理論展開

東洋哲学という視点から、物事を捉え、組織や社会全体の力を向上できる人を育てることを目的としています。

 

干支暦学

  • 生年月日という個人情報を基軸とし、個人の資質・人物像・成功法など、個人に関する解析方法を習得する。
  • ITを活用しながら干支暦を解析することで、実践的ノウハウの集積を行う。
  • この知識を活用した講師養成(インストラクター養成)に力を入れる。
  • 干支暦学は3級・2級・1級の3段階から構成されている。

カウンセラー養成
当協会は、干支暦を用いたカウンセリングは医療従事者にしか認めておりません。それ以外の方は、セミナー講師としてこの理論を伝承戴けたらと思います。

 

干支暦学 セミナー講師

  • 干支暦学2級試験の合格者を対象とします。
  • 講座開講が許可され、協会より教室開催の権利を貸与されます。

 

当協会のセミナーは、アメリカのInstructional  Designの手法にのっとり、難解な干支暦推命法を誰もがしっかりと履修できるように、オンラインセミナーと講師による教室セミナーの両方を活用しながら指導しております。それにより、全国どこでも高いレベルの指導を受けることが可能です。