数理暦学協会は、

150年前に捨て去られてしまった、干支暦という文化を伝えたい。

干支暦の知識を知らぬアジア人は、日本人だけ。

この知識は、華僑の成功の礎である。

《一命、二運、三風水、四陰徳、五読書》という言葉は華僑の哲学。

人知れず行う良い行いや、勉強による立身出世より、

天命こそが第一である。

これからの時代、有利に生きるための運命の定義だ。

まずは、知ろう。天命とは何か。

生まれた時、どのような人生を課せられてきたのかを。

やみくもに努力するより、まずは知る事。

自分のことを。

自分が何をするために、この世に誕生してきたのかを。

それこそが、効率的な生き方だ。

人生は短いのだから、効率的に生きた人が勝者である。

人の世に平等はないというけれど、

時間と運は、平等だ。

それをどう使うかが、個人の選択。